ポストする June 5, 2016


遺品回収 練馬ザファッカー

2009年2月4日、コカインを所持・使用したとして麻薬取締法違反の容疑で逮捕された。練マザファッカーのメンバーがCDショップ店舗にて大麻を売り逮捕された事件に関連し、1月30日にD.Officeの事務所に家宅捜索が入り若麒麟真一とD.Office社員で練マザファッカーのメンバーであるPITGObが逮捕された際、自身も後から現場に現れ、定期入れの中に微量のコカインを所持しており、「前に吸った残りを持っていた」と供述したための逮捕された。同年4月20日、この事件で、懲役1年・執行猶予3年の有罪判決が言い渡された。

【続報】練馬大鳥神社が大変なことになっているようです 癒しの部屋イベント紹介 遺品回収 練馬ザファッカー.

この逮捕に関連し、同年2月5日には、翌週の2月11日に発売が予定されていた2ndアルバム『JUST BALLIN'NOW』の発売中止が発表され、エイベックスは、D.Oが参加している全ての楽曲を配信停止した[3]。2008年10月に発表された又吉&D.Oのアルバム『なめんなよ』の発売および配信も中止され、3月18日にリリースされるZEEBRAの日本武道館ライブDVD『ZEEBRA 20thANNIVERSARY THE LIVE ANIMAL in 武道館』は、D.Oの出演シーンを編集でカットしてリリースされる[4]。 遺品回収 練馬ザファッカー.

本来、「練マザファッカー」というグループはなく、練馬のマザファッカーを呼ぶスラングの事であった。 TBS『リンカーン』にて、中川家剛を弟子入りさせラップの勉強をさせるという企画から発展し、「練マザファッカー名義で一枚やるのも面白いのではないか」というD.Oの趣旨[1]からCD発売に至った。



遺品回収 練馬ザファッカー - 説明